体験説明会のご案内

宮島賢也のメンタルセラピー

薬を使わない精神科医 宮島賢也

国際メンタルセラピスト協会理事

経歴 開成中学、開成高校、防衛医大卒業
防衛医大病院、自衛隊中央病院で研修を経験
オーストラリアで家庭医研修を経験、自衛隊中央病院で精神科医官として勤務
国際メンタルセラピスト協会専務理事
著書 『どうせ生きるなら「バカ」がいい』(水王舎)村上和雄共著
『精神科医が教える「うつ」を自分で治す本』(アスペクト)
『医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消え去る方法』(ベストセラーズ)
『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』(KADOKAWA)
『自分の「うつ」を直した精神科医の方法』イラスト図解版(河出書房新社)
経験 中学、高校時代の自殺願望、医師になった後のうつで7年間内服、離婚の経験を通して心理学、健康になる食生活、元気になる考え方、コミュニケーション学を学び、薬は何も治していないと考え、薬を使わない精神科医になりました。心理学を学ぶ中、本来精神病は存在しない、精神症状はストレスを受けているだけなのであるということをもっと世に伝えなければならないと感じ、カウンセラーではなくメンタルセラピーの必要性を感じ、メンタルセラピストの養成を立ち上げました。精神症状を持つ人でも自分のため、そして自分の経験を活かしてメンタルセラピストとしてクライアントに対応出来ます。

メンタルセラピーとは

メンタルセラピストとの対話で、疲れた心を癒やし新たに自分を見つけ出すセラピーです。
近年ストレスがかさみ、「うつ」と診断される人が増え続けています。休職して治療をしても、周囲の環境や本人の生活が変わっておらず、再発するケースも後を経ちません。
メンタルセラピーでは、症状が示す心の状態に合わせ、理解しつつ薬を使わずに症状を軽減します。食生活や思考の習慣を見直すことで「苦しい考え方」を手放していく従来のカウンセリングとは一線を画す方法です。

メンタルセラピーとカウンセリング

カウンセリング

依頼者が抱える悩みなどに対して、専門家が知識や技術を用いて行われる相談補助。

メンタルセラピー

「依頼者本人の中にある答え」を引き出すことをサポートします。自分自身を見つめ直し、健康な心身を取り戻す「思考パターン」の転換により、通常のカウンセリングよりも短期間で解決に向かう成果を挙げています。

メンタルセラピスト 資格取得後の活動先

あなたもメンタルセラピストになって、うつに悩む人々をサポートしてみませんか?

説明会概要

説明会プログラム

薬を使わずにうつヌケをさせるメンタルセラピーについて、宮島賢也先生から説明させて頂きます。また、受講後の活動、働き方についてご案内させていただきます。

開催日程

2017年10月22日(日),10月29日(日),11月5日(日)
19時~20時半
●受講料:3,000円
※いずれかでご都合のよい日時をお選びください。

開催場所

〒 163-1490 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティー2F

アクセス
京王新線「初台」駅東口 徒歩1分
(京王線相互乗り入れ都営新宿線にて
新宿駅から約2分)

費用について

お申し込み費用 ¥3,000

体験説明会のお知らせ

お電話でのお申し込み 03-3373-2378
メールでのお申し込み

は必須項目です。

参加希望日  10月22日(日) 10月29日(日) 11月5日(日)
お名前
メールアドレス
ご住所

都道府県

市町村以下

お電話番号
お問合せ内容
COPYRIGHT © 国際メンタルセラピスト協会 All Rights Reserved.