国際メンタルセラピスト協会とは

国際メンタルセラピスト協会とは

モットーイメージ

メンタルセラピーを通して心身を健全に保ち、自分らしい人生を生きると共に、社会に笑顔を増やしていくことを目指しています。

1 「薬は止められる」という安心感を増やします
精神科医療の現状と症状が示す心の状態を理解し、薬を使わずに症状を軽減して心の状態を健全に保つ為の食生活や人間関係、潜在意識が及ぼす影響などを普及します。

2 「答えは本人の中にある」という自信をサポートします
うつの予防、改善のみならず、その人らしい生き方をサポートするメンタルセラピストを養成し、メンタルセラピストたちの活躍の場を増やすことを目指しています。

3 メンタルセラピーを生活や仕事の中に生かすことを普及します
メンタルセラピーの生かし方を様々な専門分野と結び付けていくセラピスト同士の、緩やかなネットワークを構築していきます。

国際メンタルセラピスト協会 代表挨拶

国際メンタルセラピスト協会 代表 治面地 順子

 国際メンタルセラピスト協会(IMTA)は体と心の癒しと健康をテーマにセラピストやインストラクター、講師を育成し、企業、病院、スポーツクラブ、カルチャースクール等での受託を展開している株式会社ジェイ・コミュニケーション・アカデミーを母体として2009年4月1日に発足いたしました。

 会の目的は幸せな社会を創るため、薬を使わない精神科医、宮島賢也先生が提唱している幸せな人間関係を築く方法や潜在意識が及ぼす影響などを学び実践的なメンタルセラピーの普及に努めることです。

 株式会社ジェイ・コミュニケション・アカデミーで宮島先生自らがメンタルセラピストを育成し、メンタルセラピーの普及に努めています。

 精神疾患で通院しているクライアントが300万人を超え、その予備軍の人達が1,000万人とも2,000万人ともいわれる現代で、この受け皿がない日本の現状です。

 何か悩みを抱えたり、精神的に落ち込んだりした時に、いきなり精神科や診療内科に行くのではなく、気軽に相談できる心の窓口作りを目指しています。

 悩みを聞く従来の傾聴型スタイルのカウンセリングではなく、メンタルセラピーは未来型、問題解決型でクライアントの話を聞くことで、発想の転換を促し、自らの力で元気を取り戻すことができます。

 現代のストレス社会の中で心を病んでいる方たちの手助けができることを願っております。

国際メンタルセラピスト協会 代表 治面地 順子

国際メンタルセラピスト協会 概要

【団体名】 国際メンタルセラピスト協会
【代表】 治面地 順子
【所在地】 〒163-1490東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティー
【電話番号】 03-3373-2378
【FAX】 03-5333-2307
【運営会社】 株式会社ジェイ・コミュニケーション・アカデミー
メンタル メンタルヘルス うつ 宮島 賢也
COPYRIGHT © 国際メンタルセラピスト協会 All Rights Reserved.